再エネ ミヤラジ環境番組「エコミヤ」へ出演

11月29日(水)再エネから三宅部員・大沼部員が「エコミヤ」に出演しました。再エネ部会の主力事業である環境出前授業を紹介しました。引き合いが増えており、今年度末には累計受講生が2000名を超えること、来年度もさらにパワーアップして進めていくことをお伝えしました。参加児童からでた「ハムスターに発電させたら、効率はどれくらい?」という質問に、丁寧に計算し食べた餌に対して約7%と回答したというエピソードにパーソナリティも大笑いでした。

また、脱炭素社会実現に向けて、宇都宮大学と共同研究を進め、多くの提言をしていることをお伝えしました。中心部の緑が極端に少ない宇都宮市に対して、緑の有効活用

NbSを提言、延伸される西側LRTの路面緑化や増加しているコインパーキングの緑化など他市の例を交えながら報告、番組が大いに盛り上がりました。最後に、「脱炭素社会実現への活動は経済成長を阻害するものではなく、QOL(生活の質)をも向上させることが分かってきました。皆さまとともに、宇都宮が快適で住みやすい誇りのもてる都市にしていきましょう。」と締めくくりました。

宇都宮市環境学習センター