里山保全部会11月定例活動報告

           東西から合流
           東西から合流

2023.11.19

 

里山保全 11月定例活動

 幹線道路から林へ入った東側が数年前に皆伐され、その先のY字路左側の道路に背丈の高い草が繁茂して通行不能になってしまった。これはアスファルトの道に土が流れ込んで草木の種が落ち一斉に成長したためと思われる。今回は約60mに亘って草を刈って道路を開通することにし、東西に分かれて草刈りを開始した。丈の高い草を刈り、道路上に流れ込んだ土をさらって皆伐された側へ寄せてほぼ 1時間で開通した。更に左右から倒れ込む草を刈り、道幅を広げてアスファルト道路が復活した。帰りがけにも土をさらい、林の内外を散策してからシイタケのホダギを天地替えして終了した。尚、16日の下見時に林の中で越冬間近のニホンアカガ工ル(体長約70)を確認した。

 

宇都宮市環境学習センター